すっぽん人気サプリの徹底比較サイトです
各種製品の特徴を徹底レビュー
男性向けと女性向けの両方をご用意しました♪

日本のすっぽんと海外のすっぽんは違う?

すっぽんと言えば高級食材の一つとして日本では広く知られています。
滅多に食べることの出来ないすっぽん料理はまさに特別な日と呼べる時にご馳走としていただきます。
その格別な味は高級食材にふさわしいものであり、また一般的な食材と比べて栄養素が豊富なので、美味しいだけではなく、健康と美容にも最適な料理なのです。

最近ではそんなすっぽんをペットとして飼っている方が増えてきています。
日本のすっぽんは海外のすっぽんと比較して大人しめなのでペットとしては飼いやすいでしょう。
しかし天然のすっぽんは厳しい自然界を生き抜いてきていますので、どうしても凶暴化してしまいます。

すっぽんは肉食で、人間にも噛み付き、一度噛み付いたらなかなか離してくれません。
天然物は日本産も海外産もやはり凶暴で、ペットとして難しいですが、食材として利用する場合は養殖物よりもコリコリしていて美味しくいただくことが出来ます。
すっぽんそのものに大した差はありませんが、日本と海外とではすっぽんの調理方法に違いがあります。

基本的には鍋や蒸して食べることになりますが、他国では丸焼きにして食べたり、ステーキのように鉄板で焼いてソースで食べることもあります。
スープのダシとしてもすっぽんは人気で、フランス料理のコンソメスープにも使用されます。
すっぽんは犬や猫などと異なり、ペットで飼う時には環境を整えるのために最低限の知識が必要になります。
また過去の日本ではすっぽんを妖怪視してきたこともあるほど、凶暴ですので十分にご注意ください。

このようにすっぽんというのは、基本的に日本と海外で味には大差は無く、料理の仕方や天然物や養殖物で味が変わってきます。
一度高級料理店に足を運び、天然物と養殖物の味比べをしてみると面白いかもしれませんね。
その違いは食通で無くてもわかるかと思います。
海外ですっぽんを食べる時は、国によって味付けが大きく異なり、その食文化を味わうという楽しみ方もあります。

トップに戻る