すっぽん人気サプリの徹底比較サイトです
各種製品の特徴を徹底レビュー
男性向けと女性向けの両方をご用意しました♪

世界の鼈文化史

スッポンの食文化は広く世界に分布していて、日本やアジア諸国だけでなく、ヨーロッパでもスッポンを食材として使用しています。
フランスでは、スッポンのスープをトルチェと呼び、その味わいを称賛しています。
また中国では、紀元前から漢方として使用されていて、2000年前の文献にはスッポンという言葉が記載されています。
かの楊貴妃がスッポンを食べていたという文献も残されています。
日本では、文武天皇に献上されたという文献が残ってはいるのですが、食文化としてスッポンが根付いたのは、江戸時代からといわれています。

その頃は、スッポンは比較的手に入りやすい食材として親しまれていたようですが、天然のスッポンは、次第にその数を減らし、高級品になっていきました。
そのため、明治にはスッポンの養殖が始まりました。
天然のスッポンは、冬眠を重ねて、4、5年かけて大人になるのですが、養殖技術が進んだ現在では、1年程度で、大人のスッポンにすることが可能になりました。

現在、ベトナムでもスッポンが養殖されており、市場でも購入ができるようになっています。
スッポンは、そのほとんどの部位が、食用として使用されていて、日本では、刺身、鍋物、唐揚げなどで食べられることが多く、スッポンの生き血などもあります。
中国では、漢方で使用されているのはもちろん、鍋物、丸焼きなどで食べられていて、甲羅までも食材として使用されたりしています。
ヨーロッパでは、スープの材料として使われることが多く、身はさほどポピュラーではありません。

トップに戻る