すっぽん人気サプリの徹底比較サイトです
各種製品の特徴を徹底レビュー
男性向けと女性向けの両方をご用意しました♪

【女性向け】人気鼈サプリ-すっぽん小町-を試飲してみました!

もっと詳しく

すっぽん小町は、女性からの支持率No.1のサプリメント。
原材料として使用されているのは、佐賀県産の高級ブランド種である「はがくれすっぽん」です。

九州の豊かな自然の中で育った高品質なスッポンを原材料に使用しているのがポイント。

美肌に役立つ成分であるアミノ酸とコラーゲンをたっぷり摂ることができます。
築地市場では、一匹あたり数万円で取引されることもある高級素材です。

基本情報-Basic information-

産地:佐賀県(ブランド種:はがくれすっぽん)
通常価格:3024円(税込)
内容量:31日分
初回キャンペーン:あり(定期購入特典としてミニSPプレミアムコラーゲンゲル)
一日あたりのコスト(通常購入時):97円

総合評価

女性から圧倒的な支持を集めているサプリメントです。
累計1000万袋以上の売り上げを記録している優秀な製品として評価されています。

安全管理・品質管理も徹底されているので安心ですし、価格帯もリーズナブル。
継続して飲み続けていく場合にも有難い価格設定です。

吸収率を高める為に低分子加工を施しているのもポイント。
これによって、すっぽんの栄養素がスムーズにカラダに吸収されていきます。

使用されているのは、国産ブランド種の「はがくれすっぽん」
良質な水・環境や人間も食べられる高品質な餌などにこだわり、丁寧に育てられています。

そんなはがくれすっぽんを内蔵・甲羅・軟骨まで一匹丸ごと贅沢に配合しているのがポイント。

すっぽんの栄養素を丸ごとバランス良く摂ることができます。

商品情報

実際に(はがくれすっぽん)を購入した際の体験記を掲載!

【セット内容】
可愛い包装が素敵!
梱包もとっても丁寧です。
このメーカーはとにかく親切でサービスが充実しているのが特徴だと思います。
メーカー名の「ていねい通販」はダテじゃない!
非常に信頼度の高いメーカーです。

【個包装】
個別に包装されている訳ではありません。
パウチタイプのパッケージとなっています。
パウチの口の部分はチャックになっていて、密閉できるようになっているので、鮮度管理はOK。

【カプセル】
ソフトカプセルタイプの製品です。
粒が小さいので、喉に引っかかるような感覚もありません。
匂いや味も気にならないので、とても飲みやすいサプリと評価されています。

【パッケージデザイン】
すっぽん小町は、パッケージデザインがとっても可愛い!
白とピンクを基調としたデザインで、年齢を問わずに「おしゃれ」と感じるような雰囲気です。
思わず自慢したくなってしまうようなパッケージですね!

【配送】
配送は非常に迅速でした。
また、段ボールのデザインにまで配慮されているのがポイント。
こちらもピンクを基調にしたデザインです。
花の模様が可愛らしい(^^♪

【栄養・原材料表示】
裏面には、アミノ酸の種類別に含有量が表示されていました。
例えば、リジンは336mg、ロイシンは285.2mgといった具合です。(一袋あたり)
原材料名や栄養成分についても分かりやすく表示されています。

【飲みやすさ】
シンプルにスッポンだけを配合しているサプリメントですから、クセは殆ど感じられません。
匂いや味もほぼ完ぺきに抑えられています。
(私は何も感じませんでした。)
本当に飲みやすいサプリメントですね。

【同梱説明書など】
同梱されている冊子類のクオリティも高い!
分かりやすい説明と素敵なデザインで、思わず読み込んでしまいました。
すっぽん小町を購入した方は、試しに読んでみてください!

成分・栄養価

---配合されている素材の質
佐賀県産の高品質なブランド種「はがくれすっぽん」を使用しています。
アミノ酸やコラーゲンをたっぷりと含有し、優れた美肌効果を期待することができます。

はがくれすっぽんは、育成段階で水をはじめとする環境に徹底的に配慮しているのが特徴。
与える餌も「人間が食べられるレベル」のものを使用しています。
丁寧に管理された最高級のスッポンなのです。

---スッポン以外の注目成分
スッポン以外には、特に成分は配合されていません。
シンプルな成分配合なので、他のサプリとも組み合わせやすいのが特徴です。

編集部のレビュー

コラーゲンの源であるアミノ酸が低分子化された状態で配合されています。
その為、しっかりと美容に役立ってくれます。
品質に優れ、なおかつリーズナブルです。
その為、コストパフォーマンスが高く、コスト的にも続けやすいのがポイントと評価することができるでしょう。

迷ったらこれを選べばOK!
女性向けスッポンサプリの決定版です。

このコラムに関連する記事一覧

トップに戻る